基本指導方針
 
◆スポーツを楽しもう

公式戦や練習試合を問わず、ベンチから大声で指示し続けている指導者を見かける事があります。選手達は戸惑ってしまったり萎縮してしまったりで、これでは試合を楽しむ事は出来ません。リベルタで一番大切にしている事はサッカーを楽しんでプレーする事。そしてそれが結果につながると最高です。「サッカーの試合は決して苦しいものじゃない!試合を楽しむためにみんな一生懸命練習を重ねるわけだから」あくまでも主役は子供達です。
 

◆選択肢を増やすことを最大の目的とする

基本技術に関しては具体的な表現で指導を行いますが、前述の通り、試合の中での対応力に関しては、ひとつの答えを教え込む事は、不可能であるし、非常にナンセンスな事であると考えます。
イマジネーションを引き出す指導とは、数多くの選択肢を与え、組み合わせる方法を指導し、その技術を磨かせる事により、応用力が高まり、個人個人の可能性を最大限引き出させる事につながると考えております。

◆イマジネーションを最大限引き出す指導

サッカーは数あるスポーツの中で、最も「イマジネーション(想像力)」が必要とされるスポーツです。一般的なクラブチームや学校のクラブ活動では、一方的に「教える事」が中心となり、子供達は「指示される事」に慣れてしまい、本来スポーツに最も必要な、自由な発想が育くまれていないと考えます。
これは、「画一化された発想」「自分の意見を持たない(持てない)」と言う、現在、日本が抱えている問題につながる事だと考えます。
私達スタッフは、サッカーを通じ、子供達個人のイマジネーションを最大限引き出し、「判断力」「決断力」「実行力」を養う指導を行いたい、と考えております。

◆勝負に「勝つこと」を第一目標としない

指導者が「勝ち」にこだわると、メンバーやポジションを固定する事になり、子供達の可能性を見出せなかったり、子供達のサッカーへの情熱に水を差す事になりかねません。  
私達スタッフは、全ての子供達に平等にチャンスを与え、ポテンシャルを最大限引き出す事により、チームとして機能し、「結果として勝つ事」を最大の目的としたいと考えております。 

◆数値データによるモチベーションアップ

ボールリフティング(テクニック)や短・長距離走(フィジカル)等の定期的なチェックを行い、それをデータ化し、統計処理を行い、選手個人の努力目標を明確にし、達成感を得られるような環境作りを行います。
 
 

◆MOM(Man of the Match)

各試合において目立った活躍をした選手を選出。また、得点ランキングやアシストランキング等、各種テーマ毎の賞を決め年度末に表彰を行い、モチベーションのアップに努めます。
 
 
 
 
 
 

◆選手参加によるチーム作りを行う

常に考える事を要求し、フィールドでのトレーニングのみではなく、ミーティングを定期的に開催し、その中でビデオによる試合分析等を行い、戦術やシステムに関する議論を行い、客観的な分析能力や考える力を伸ばすと共に積極的にチーム作りに参加させます。また、技術部を中心にスカウティング活動(対戦相手分析)を行います。これにより、自分達で考える事の大切さ、相手を知る事の大切さを理解させ、また、みんなの前で発表する事により、自分の考えを人に伝える能力を養います。これにより、指導者の指示だけで試合に臨むチームと異なり、自分達で考えた戦術で、いい結果が得られると、その経験が自信につながり、人を育てる事につながると信じています。