社会人チーム:レジェンズ

リベルタ大阪FCレジェンズ設立にあたり


私の夢だったのかも知れません。

  • 「18年間クラブを続けてきた証しとして、リベルタのDNAを受け継いでくれた大切なメンバーが一堂に会してプレーしている姿を観ることが…」

    「リベルタの礎を築いてくれた、初代コーチの本気のプレーを観ることが…」

 
1999年に設立したリベルタ大阪FCも、この春には19年目を迎え、設立当初の選手達はみんなアラサーとなっていました。中坊だった選手達は立派に成長し、すでに結婚して子供がいるメンバーもいます(笑)
”Time flies."とは良く言ったものです。

初蹴り、OB戦で毎年顔を合わせるたびに、「社会人チーム設立」と言うワードに触れ、昨年9月、リベルタのOBが集うこととなった、3期生 秋篠恵太の結婚式で「その思い」は強くなりました。
さらに、初代コーチ 秋篠淳也はすでに三十路半ばを迎えようとしており、このままだと本気のプレーを観ないまま、第一線から退いてしまいそうな気配が漂って来ていたため、背中を押されるようにレジェンズを発足する運びとなりました。

社会人になったメンバーは、中学時代とは違い、試合や練習、ミーティングに参加するためには、 家族との時間を犠牲にすることが前提となるため、家族の理解を得ながらチームを育てていく必要があります。現役時代に培ったリベルタ魂を遺憾なく発揮して、家族が誇りに思えるようなチームに育て上げて欲しいと思います。

また、レジェンズメンバーの「サッカーへの思い」や「試合に取り組む姿勢」は、現役世代では忘れがちな大切な価値観です。リベルタの現役選手にもいい影響を与え続け、現役選手達の目標となる選手であり続けて欲しいと思います。

「夢あるところに希望は拓ける!」
平均年齢29.2歳、腹にしっかり脂肪を蓄えた重量級軍団がどこまで通用するか、どんな未来が待ち受けているか、これからの戦いが楽しみです。

リベルタ大阪FC          
リベルタ大阪FCレジェンズ 
監督   柏木 義彦 
  

初代コーチ:秋篠 淳也

こんにちは、0期生の秋篠です。
リベルタレジェンズ発足しました!OBも増えましたが、結局サッカー出来る環境がない状況の中、監督、中島コーチのお力添えでようやく動き出すことができました。やはり中学の3年間というのはすごく大事で、あの頃に学んだ事、共有できた事を大人になってからももう一度集まって共有しよう、体現しようと思い集まった、個々の意識の高いメンバー中心です。まだまだ頭と体がバラバラで、チームとしても色んな方向向いておりますが、基盤にリベルタの教えがあるのが、チームとしてやっていける重要な事だと思ってます。やるからには負けたくない、負けず嫌いばかりなので勝つ為にどうするのか、チームとしてうまくやっていくにはどうするか、まだまだ模索中ですがこれからも未来のレジェンズメンバーの為にも私達がしっかりとベースを作り、何よりサッカーを楽しみ、サッカー好きが増えていけばいいと思っております。
今後、また皆さんとグランドで会える事を楽しみに頑張っていきたいと思います。  
 

井上 真伸(2期)背番号:20

社会人になってから日々の仕事に追われ、運動が全くできていませんでした。サッカーをしなくなって8年くらい経ちました。久しぶりにボールを蹴ってみると、サッカーの楽しさ、こんなに走れなくなっているのかという悔しさがありました。年齢的にも本気でサッカーが出来なくなる日が近い事を感じ、レジェンズに入りました。体が動くうちにサッカーを楽しみたいです。


柏本 友(2期)背番号:16

フットサル場でたまたま吉川に出会い連絡先交換後、リベルタの社会人チームができると吉川から勧誘を受け入団することとなりました。
今後の抱負としては、自分自身としてはリベルタのジュニアユースを卒団して以来のサッカークラブに所属することになります。今までやってきたフットサルとの両立ということで毎回参加はできませんが、参加できる時は積極的にチームに関わっていきます。宜しくお願いします。

柏木 宏斗(2期)背番号:11

2期生(創立時のメンバー)の柏木です。
監督の息子です。コーチも経験し、卒団ビデオの制作には1期生のものから現在までかかわり続けています。レジェンズの仲間全員の中学生時代を知っているので、そんなメンバーが大人になって集まり、選手として一緒にプレーできることがなによりも嬉しいです。何年も運動をしていないため、今はとにかく動けるようになるのが目標ですが、後輩たちには負けてはいられないので、チーム内の得点王を目指して頑張ります!

南 創太(2期)背番号:19

学生時代10年間ほぼ毎日ボールに触れ、そして高校サッカー選手権の大阪予選で負けて以来、もう一生本気でサッカーすることはないのかなと思っていましたが、また真剣にサッカーに取り組めるこんな環境を設けていただいたチーム、監督、メンバー、スタッフに感謝しかありません。このチームでは年齢も上の方になるので、やはりプレーでまわりを引っ張っていくようなそんな選手になれるよう、トレーニング、試合に励みたいと思います。

秋篠 恵太(3期) 背番号:24

中学生の時に一緒にプレイしていた仲間や、学年が離れていて当時は一緒にプレイできなかった仲間と『リベルタ大阪FC』と言う繋がりの元、それぞれが1人の人間・選手として成長し、また同じチームで一緒にプレイできること嬉しく思います。サッカーを純粋に楽しんでいた頃の気持ちを思い出しながら 、勝負にこだわり、時にはお酒を酌み交わし仲間・家族への感謝の気持ちを常に持ちプレイしたいと思います。


小西 隆太郎(4期) 背番号:7

第4期生の小西隆太郎です。
レジェンズ加入の経緯は、監督がみんなが動けなくなる前に社会人チームを作ろう!という事で、またサッカーがしたかった僕は喜んでチームに加入しました。現役当時のメンバーや、先輩後輩、コーチとまたサッカーができるのはとても嬉しく思います。個人目標として、運営面でもプレー面でもチームに欠かせない存在になることと共に、今のリベルタの現役生達が将来レジェンズに入りたいと思ってもらえるような、強くて魅力あるチーム作りに携わっていきたいと思います。

橋本 成一郎(4期) 背番号:5

リベルタの社会人が結成ということで、中学生以来のメンバーとまたこうしてサッカーができることに幸せを感じます!共に苦しみ、乗り越え、楽しんだメンバーとサッカーする喜びを再び感じられるチャンスです。社会人になっても、自分たちのスタイルで楽しく勝利を掴んでいければと思います!
やるからには真剣に!!チームの力になれるよう精一杯頑張ります!


吉川 拓也(4期) 背番号:17

4期主将の吉川です。
秋篠コーチと共にレジェンズメンバー選出の段階から参加しています。リベルタのOBとして監督、中島コーチ、現役生、関係者の方々に恥じない試合をする事ももちろんそうですし、中学生の練習に参加し、現役生達のレベルアップに少しでも協力出来ればと思っています。
あと何年間サッカー出来るかは分かりませんが、残りのサッカー人生レジェンズでプレーしていたいと思っていますし、リベルタOBが年代関係なくレジェンズとして集まれるようにチームを存続していきたいと思います。

佐藤 和幸(4期) 背番号:23

レジェンズに入った経緯は、声を掛けて頂いて僕自身も何年もまともに体を動かしていなかたのと、現役の時に比べて体重がかなり増えていたので、体を動かしたなと思っていたので入りました。試合に出ると体は重たい、体力がない、ボールを収められないなど、全然ダメで周りにはかなり迷惑をかけてるなと思いました。それで今後は体重を落として、体力をつけて1試合走りきれるようにしっかりとやっていけばもっと楽しめると思うので頑張っていきたいと思います。

宮ノ下 徹也(4期) 背番号:13

リベルタ4期生の宮ノ下徹也です。
僕が、リベルタの社会人チームに入ったきっかけは、いつかのリベルタのOB戦で監督からリベルタの社会人チームを作ろうと話しがあり、また皆とサッカーしたいと思い加入することにしました。これからの目標は、個人として体重が大変なことになってるので、徐々にですけど落としていって、もっと動けるような体型にして、チームに貢献できるプレイヤーになりたいと思っています!
チームとしては、もっと皆で話し合いをして、年齢もバラバラなので試合を重ねながらチームの意思統一していきたいです。いつまでサッカー出来るかわからないですけど身体が動く限り頑張っていきたいです。

木村 浩平(6期) 背番号:14

6期生の木村浩平です。
現役時は得点王、アシスト王になりました。中学、高校とサッカーをしてきて卒業後、フットサルをたまにする程度で、体力と技術は落ちていきました。そして何よりも勝負に飢えていました。
レジェンズチームを作る話を聞いて、いい機会だと思い参加しました。まだ始まったばかりですが、本気でプレーができる環境に感謝しています。大人になって負けて悔しいという気持ち、勝つためにどうすればいいかと考えることは子供の頃に比べ、たいへん少ないことだと思います。この経験が、今両立している仕事や様々なことに役に立ち、人生を豊かに生きていける糧なんだと思っています。この気持ちの大事さを子供たちにサッカーを通じて伝えていければと思ってます。

木村 亮太(6期) 背番号:28

リベルタのOB戦に参加させてもらった時に、先輩方に声をかけてもらったのが入団のきっかけです。レジェンズで活動しだしてまだ間もないんですが、気さくに話しかけてもらったり、サッカーの面でもやっぱり上手いし、先輩方にはほんまに恵まれたなあと思います。今後の抱負としては、まずは純粋にサッカーを楽しむこと、そしてチームが勝つこと、個人的な所ではチームが勝つことに少しでも貢献していけるように頑張っていきたいと思ってます。

岩田 徹(6期) 背番号:21

6期生の岩田です。
小学校から高校生までサッカーをしており、社会人になってからなかなかサッカーをする機会がなかったのですが、同期に誘われ入団致しました。学生時代のサッカーとは違い、チームの運営なども、先生や監督、コーチなどがしてくれるのではなく、自分達でしなければならないなど大変な部分もありますが、楽しくサッカーしてます!よろしくお願いします!

松本 拓也(8期) 背番号:8

元々別の社会人チームでサッカーをしていましたが、レジェンズの誘いをいただき、リベルタでまたサッカーが出来ることを幸せに思っています。レジェンズ発足から関わらせていただき、リベルタという名前の通り、自由にやっていくためにひとりひとりが責任を持ってチームを支えていく事が大事だと思います。目標はカズより長く現役を続ける事です。
 

飯田 貴士(8期) 背番号:99

リベルタ同期の松本に誘われてレジェンズに加入しました。休みの日、サッカーしよ!ぐらいの誘いだったので軽い気持ちで入団しましたが、今では現役当時の憧れの先輩達とプレーできる喜びを感じながら毎回楽しませて頂いてます。失われたキレとスピードを知識と経験でカバーして、チームの勝利に貢献したいと思います。(15分間限定でお願いします。)運営面でも貢献していきたいです。

 

富山 利喜(8期) 背番号:4

僕がレジェンズに入ったきっかけは木村浩平くんに誘われて久しぶりにサッカーやりたいなー、ぐらいの軽い気持ちで入りました。やってみるとやっぱりサッカーは楽しいスポーツやなーと改めて思いました。今後は各自決められた役割をしっかり果たしてチーム一丸となりリーグ戦負けなしの最強のチームになりたいです。




 

岡崎 聖仁(佃南FCコーチ) 背番号:39

 

新屋 輝彦(佃南FCコーチ) 背番号:6

 

中島 宏昭(リベルタ大阪FCコーチ) 背番号:3

20年サッカーの指導をしてきました。徐々にプレーする機会が少なくなり、走ることも億劫になってきたこの時期に、レジェンズが立ち上がったのでサッカーのプレーをもう一度楽しんでいます。中学、高校とGKをしていたのでまだ試合で得点したことがありません。いつか得点をすること!が今の目標です。メンバーの中では年配になるので、運営側もサポートして若手を育てることができればと考えています。